マスコミ掲載情報

○FRASH(光文社)12/12日号
国民のsex ベッドの上のNGワード OKワード

○「本当にあった笑える話」11月号
“40代からのガチンコ性白書” 登場

○週刊ポスト11/14日号
40代人妻告白 夫に飽きたから居酒屋、PTA、料理教室で・・

○主婦の友 ベビモ 10月号
『二人目準備BOOK』監修

○週刊ポスト11/22日号
美熟女さんは3年ごとに新たなエロスを蓄える

○夕刊フジ10/26号 定年後の夫婦の恋愛

マスコミ掲載情報

妻たちの昼の顔 実録 赤裸々不倫体験 (2)  amazon恋愛部門1位!

女性セブン9/21号 年の差婚

THEMIS 10月号月号 中高年男女第二の青春

日経おとなのOFF11月号  「人生後半でリスクを回避しなかった人の末路」監修

美容雑誌 fracora+ ”夫婦円満のための 魔法のホメ言葉”♡♡

FRASH 10/3日号  セックスレス調査解説

LDK11月号  『夫のトリセツ』特集監修

マスコミ掲載情報

【連載】
「モンスターワイフ」Exciteにて連載開始!

【WEB】
7/21 日刊ゲンダイ セックスレスは妻の嫉妬を増大させる原因になるのか ※会員限定サイト

8/6 女子spa! セックスレスな彼に、可愛くアプローチする3つの方法

8/15 夕刊フジ なぜ?ハマる50代不倫の真相 愛に旺盛なバブル経験世代、“最後のひと花”20代男性と関係も コメント部分

8/17 citrus 「「昭和親父」の鬼しつけが今アツい!? 平成キッズにも年に1回程度の「厳しさ」が必要なワケ」

8/24 日経DUAL-セックスの悩みに答える「直球Q&A」※全文閲覧には有料会員登録が必要です

8/27 日刊ゲンダイ 夫婦仲の専門家が指南 「教えて」で妻の家事ハラをかわす コメント部分

【雑誌】
女性セブン9/21号  年の差婚について語る

ビューティー会報誌  fracora+ 魔法の褒め言葉監修

マスコミ掲載情報

womanエキサイト
7月14日
夫のコレクションをゴミ箱ブチ込み! 妻が「趣味妨害モンスター」に豹変するとき

8月17日
「昭和親父」の鬼しつけが今アツい!? 平成キッズにも年に1回程度の「厳しさ」が必要なワケ

8月20日
【ポジティブな離婚】実録「手がかからない女だと思った…」と言われたJさん

夕刊フジ8/15号
なぜ?ハマる50代不倫の真相 愛に旺盛なバブル経験世代、“最後のひと花”20代男性と関係も

マスコミ掲載情報

○YouTubeライブに出ました!
恋愛で成功せよ!ダメ男ダメ女と付き合わない方法 専門家 三松真由美さんを呼んでライブ
こちらのライブは月に2回、第二水曜日と第四水曜日の20時から配信致します☆ リアルタイムでご相談にも回答しています。

○女性セブン6/15日号  熟年結婚について解説

○日刊ゲンダイ6/3 30年前に比べ急増 「突然キレる女性」メカニズムと対処法

○マイナビウーマン 監修  同室or別室、どっちが正解?「夫婦の寝室」問題
  
○日刊ゲンダイ 4/18「藤あや子は30代男性と再婚 なぜ今”50代女性”がモテるのか」コメント

マスコミ掲載情報

○YouTubeライブに出ました!
恋愛で成功せよ!ダメ男ダメ女と付き合わない方法 専門家 三松真由美さんを呼んでライブ
こちらのライブは月に2回、第二水曜日と第四水曜日の20時から配信致します☆ リアルタイムでご相談にも回答しています。

○BSフジ 橋本マナミのヨルサンポⅡ  7月6日  出演
セックスレスについてお話しします!
   
○日刊現代6/2号
30年前に比べ急増 「突然キレる女性」メカニズムと対処法

○女性セブン6/15号
阿川佐和子さん熟年結婚について解説

マスコミ掲載情報

☆女性のための有料メルマガ始まりました!登録はこちらから↓☆
“男が抱きたくなるオンナ”になる方法~購読1年で必ず抱かれる女になる!40歳以上推奨メルマガ~

*AERA3/20号掲載
結婚 うまくいく人 いかない人  1000人アンケートでわかった「出会い」「生活」「離婚」のリアル

*サイゾーウーマン
「誰でも、何度でも結婚していいんです」バツ3でも幸せになる方法

となりの主婦 ちーこさん(33歳)より

となりの主婦 ちーこさん(33歳)

「夫に浮気の疑いが。浮気は1度すれば2度するものと思っています。
復讐を考えるダークな自分が嫌です」

数ヶ月前、単身赴任の夫(30代です)がSNSで怪しいやりとりを
しているのを見てしまいました。

私たちは携帯はオープンだけど、チェックはしないといった感じで
今まで来たのですが、SNSで来たメッセージがポップアップで表示され、
ハート付きもあり、思わず見てしまいました。

相手は既婚者かつ遠距離で同郷の年上の人です。

会ったのは一回、決定的な証拠が無いので、
限りなく黒に近いグレーの状態です。

ただ、やりとりはそれほど頻繁ではなく二人とも
遊びっぽかったです。

夫はふざけてそういうやりとりをしただけで何もない、と言い、
はじめは反省した態度でしたが、私が随分泣いて、
3回ほど色々聞いてしまったせいもあり、

「自分のことが信じられないの!?」と逆ギレされました。

先々週、どうにもたまらず、それ以来SNSの絵文字が
一切使えなくなってしまったことを話しました。また使いたいことも。

すると、ちょっと怒って「この話は今後一切無しね!」と
言われてしまいました。

その後、暇だからそんなことを考えるんだと、
ちょっとメッセージを多く送ってくれるようにはなりました。

原因を考えてみると、反省点もたくさんありました。

今回の単身赴任は、起業準備のためなので
現在仕送りはありません(持ち出しは多額)。

そんな中で、夫は第2子を欲しがっております。

私もワーキングプアぎりぎりのお給料のため、
待ったをかけており、家族のことの主導権を私が握っている状態に
夫が不満があったこと、

子供をつくるのは考えています。

それでもまだ、夫のいない未来が想像できないので、離婚は考えられません。

でもやりとりはいつでも目の前をちらつきますし、
もう信じられないという気持ちにもなります。

そんな関係の女性に対してそっけない態度ができる人というのも
ショックでした。

お金が無くても優しくて誠実だと、そこだけは裏切らないと
思っていたので、どん底に突き落とされた気分でもあります。

相手の人は乗り換え地の人で、
もうその乗り換え地は認められないので二度と会うことは無いと思います。

でも私は、1度する人は2度すると思っています。

離婚するという決断ができない以上、また信じてやっていくしかない。

信じる以上、嫌みを言ったり責めたりしてはいけない。
それはわかっているのですが、信じることすらできません。

感情的にも不安の波が1週間に1度はやってきます。

復讐方法を考えたりするダークな時間ももう嫌です。